top of page
  • 執筆者の写真Inaba Kaori

TSUKUBA リウマチ フェスティバル2024

2024年2月4日(日) 12:00〜16:00

場所: 中央公園レストランハウス内

   市民ギャラリー

住所:つくば市吾妻2-7-5


おのぼりクリニックの院長の尾登先生の企画で、

ご提案して頂きました。

とっても光栄で嬉しすぎる!


尾登先生の講演は、なかなか聞けないと思います。

リウマチに特化した講演会でありますが、哲学的な要素もあり、日々のヒントにも繋がると思う。

様々な視点から入ってくるよ〜😆




尾登先生と初めてお会いして講演会をご一緒させた頂いた時の日記。

もう一度書き直そうと思っていたけど、あの時、興奮マックス!になっていたので、ブログに残しておきたい。


2023/4/14   FB日記より


私はいつも誤字脱字が多いのだけど、

リアルタイムの興奮状態で感じることを大事にしたいと思っている。

っというのは、後からは絶対に書けないから、その時にしか感じないことを「心の声」として書いている。

旭化成さんでの講演会が無事に終わりました〜

リウマチに特化したの初めてで、はじまる前は落ち着かなくて、散歩に行ってウロウロして、東京は、都会でも緑がいっぱいあるからええね〜と田舎モンはやっぱ緑に癒される😅


社員さん達、めっちゃええ人で〜

しかも関西人の方がいらしゃって、

一気に何故か安心した😆

講演前に和ませて頂き、緊張がほぐれた。


リウマチの先生のお話がまたスゴイ‼️

尾登誠先生🧑‍🏫

めちゃくちゃリンクしまくって、

哲学ヤバかった〜

話聞いてる私はずっとうなずいていた。

それそれ、そうそう、うぁーみたいな😆


私が言葉に表すことが出来なかったことを、次から次へと言葉にしてくださって、

私の本をめっちゃ読み込んでいて頂き、

さらに、例に例えて頂いて、

何回ウルウルしたか🥹


私は知らぬまに実践してるようで、

こんなところにいた、と言ってくださり、

めちゃくちゃ嬉しかった!


想像以上だった、こんなに熱い情熱を持って患者さんに寄り添い、色んな角度からアプローチされてる方、初めて出会った。


リウマチになって32年。

今はこんなに開きなおってるけど、

昔は無理やった。

18歳にして絶望的、ドン底に落ちた。

死ぬほど痛かった、

でも、死ぬ勇気なかってん、笑笑!

死ぬぐらいなら、とことん遊ぼー思って、今がある🤣


一般的な治療がイヤでというか、

何しても悪くなる一方で、意味あるのか?と?!


どうしようもない状況の中、日々痛みに耐える、

それだけしかなかった。

そんな生活が何年も続いた。


そんな中、旅に出て思考が変わり、

ヒマラヤトレッキングで見つけたやり方を

ヒマラヤ療法と私が勝手に名付けただけやけど、自己流でやってきたことが、あっていた😆


そんな昔のことが、フラッシュバックし、

号泣してしまった😅


旭化成さん、尾登誠先生🧑‍🏫。

このような機会を作って頂き、

もう感謝しかない、めっちゃ感動した。

本当にありがとうございました。


ネパールありがとう🇳🇵

ヒマラヤありがとう🌋


現代治療もやりながら、選べる日本、なんて贅沢や、ネパールにもリウマチの人いるやろう、どうしてるんかなぁ。


慧海ルート、まだまだ歩きたいとこある、

ヒマラヤもまだまだある〜

行けば行くほど、見えてくるんだ。


アラスカ、カナダにはガッツリ行きたいし!


モチベーション、めっちゃ上がったわ〜

再発と復活の繰り返してるけど、

私にはリウマチが、原動力になっている!


18歳でリウマチになり、

慧海さんに出逢うために、

リウマチになったと勝手に思いはじめたのが30歳の時。


ここから、面白いことになって〜


大西バラサーブに出逢い、

ネパールの世界が一気に広がり、

研究者の先生方々と次々に繋がっていき、

西ネパールに通いつめていたら、

慧海さんのご親族まで繋がった👀

で、気づいたら、もうすぐ50歳やん🤣


慧海ルート、まだまだ行けてないとこある、全部歩きたーい!

んで、最後には本にしたい、する!


還暦まであと10年、一瞬やで、これ👀


未知踏進

〜慧海ルートを歩く〜


歩き続けるぞ〜👍👍👍



========================


なかなかの興奮度、伝わりますかねww


そもそも尾登先生と出逢えたのは、旭化成さんからの突然の講演依頼の1本のメールだった。 


それを受信した場所が絶妙なタイミング!


私はその時、極西ネパールにいた。

電波が入らない奥地まで、チベット国境目指してトレッキング中だった。

予定は未定のハプニング続きの中、前半の3週間ぐらいだったかな、その行程が終わり電波が入るところに降りてきた時に受信した。  


それはリウマチに特化した講演内容だった。

私は嬉しくて、もちろんやりたい!とお受けします、そして、またしばらく電波が途切れますと伝えてトレッキング後半戦に入った。


この時、お返事できてなかったら、数週間空いていただろう。

そうなっていたら、このチャンスは流れていたかもしれないと思うと、すごくない?!ですか!!!www


で、次に。

この講演会が2023/4に無事に終わり、

5月に東京の講演会。

新宿 経王寺さんの本堂で行われた。

その時に、なんと尾登先生と旭化成さんは、忙しい中来てくださった!


そこで、講演終わって最後の時間で住職さんとの対談の時、尾登先生が作成し持参されていたパンフレットを取り上げてくださった。


それは、尾登先生が痛みに対する身体心理療法の冊子、それはまるでヒマラヤ療法!

最後のセッショントークで、それを住職さんが取り上げてくださった。

それによってまた話は盛り上がった。


そんな流れがあって、今回です!

また、お会いできる事が嬉しいというよりも、

とても光栄です。

さらに同じリウマチの方に、私の世界観を見て頂ける機会を作って頂けるなんて、初めてのことで、本当に感謝いたします。


ちょっと長くなりましたが、

この出逢いを記録しておきたかったので、

ブログに書きました。


よろしくお願いします!

閲覧数:203回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Line
  • Youtube
  • exblog_logo_ogp-1
bottom of page