top of page
  • 執筆者の写真Inaba Kaori

Dolpo-hairヒマラヤトレッキングツアー Vol.10

更新日:2023年7月21日

ヒマラヤトレッキングツアー   ポクスンド湖へ 

ツアー期間、2023/4/24〜5/7まで。

コロナ明け、そして10回目は記念すべき場所にしたい思いと、

今までにない場所をやりたいという思いで、

Phoenixtourの斉藤さんと思いきってアッパードルポの玄関口になる、

ロワードルポのポクスンド湖へとツアーの場所を決めました。

今回は、大阪、熊本、山口、佐賀から集まりました。

その日記をこちらで少しずつ更新していきたいと思います。

リアルタイムでFB日記でアップしていたものと、少し加えてアップします。


Phoenixtour


ドルポヘアーのドルポへ!

私、稲葉香は、ドルポが好きすぎて、美容室の名前をDolpo-hairに!

金剛山の基地(住居の離れ)も、Dolpo.BC(ドルポベースキャンプ)にしました!


さらに、これまでにドルポ横断、し

そんな私とのドルポツアーに参加して頂き、ありがとうございます。


4/24 1日目

今回は、30代〜70代とバラエティー?に飛んだメンバーです。

すでにワイワイと盛り上がってます。

山の初心者から、熟練まで^^!

どんな旅になるのか~


関西空港にて!7:55集合!

関空 9:55 発 〜  クアラルンプール 15:45着 〜  クアラルンプール 20:00発

(所要約 6 時間 50 分/日本との時差-1 時間)

集合時間が早かったため、九州組と私は、関空近くのホテルにて前日入りしてました。


私も久しぶりとなるポクスンド湖。

思い出したら10年ぶり!

私のポクスンド湖の思い出。


1回目は、2009年。

西ネパールの第一人者大西バラサーブ隊で、ドルポとムグ〜無人地帯を縦走しドルポへ!

3週間ぐらい歩いてポクスンド湖にたどり着いた。

この山旅が、面白すぎて今の私のベースとなっている。


2回目は、2012年。

大西バラサーブ隊を卒業して、はじめて個人でドルポへとチャレンジ。

アクシデントいっぱいあったけど、その中で1番最初に思い出すのは、

3日目で虎!が出て、カッチャルが食べられた。 (これは、言わない方がいいか?!^^)

熊じゃなくて?!虎!ビックリしすぎた!

当時、ポクスンド湖へのルートには、トレッカーが泊まれる小屋はなかった。

虎が出た次の日からは、緊張感がでたこと今でも覚えている。


そして、3回目は、2019年のドルポ越冬時。

わざとポクスンド湖の手前を東に入ったのでポクスンド湖には行ってないが、

(常に行ったことのないルートから入りたい思いがあるから)

久々のドゥネイとなる。

下山時に冬のポクスンド湖へと計画していたが、厳冬期にアッパールートからの下山は無理だった為、他のルートで下山してきて、ドゥネイへと辿りついた。

ドゥネイは、越冬からの下山の時以来。

あの時以来だ、どう思うだろうか〜〜〜

お客様に最大限に楽しんで頂き、私も一緒に楽しみたいと思います。

マレーシア航空で、クアラルンプール国際空港内にて。

乗り換えて、テンション高めWW



久々にネパール入りする方は、絶対びっくりする。

綺麗になりすぎてるカトマンズのトリバンドラム空港に、22:30着。

(所要約 4 時間 45 分/日本との時差-3 時間 15 分)


着後、入国・税関審査 は、行く度に楽になっている。

この時期、ワクチン接種しる人は証明が必要、してない人は陰性証明が必要だったけど、

それさえあれば、ほぼスル~~


前列、右から3番目が、テンディ・シェルパ。

現地エージェントの社長〜です。

私は20年以上の付き合いがあり、信頼のおけるシェルパ君です。

ツアーは、2010年から企画しています。


ネパールの大震災の時も彼を通して活動してました。


カトマンズに到着するのは、夜が遅いため、チェックインしてすぐ、おやすみなさい~!


続く〜〜

閲覧数:198回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Line
  • Youtube
  • exblog_logo_ogp-1
bottom of page